医療法人 金島胃腸科外科

金島胃腸科外科イメージ

医療法人金島胃腸科外科は、
昭和59年6月6日島根県益田市高津に有床診療所として開院しました。

平成23年7月介護施設(特定ケアハウスたかつ50床 ショートステイ20床 デイサービス30人)を隣接して、地域に密着した医療と介護の連携を目指しています。

当院の特徴は、

1
有床診療所(介護療養棟11床・一般病床8床)と介護施設(特定ケアハウスたかつ50床・ショートステイ20床・デイサービス30名)を併設して医療と介護の連携を密に行っています
2
病院並の充実した医療設備(マルチスライスCT・生化学検査のオートアナライザー・上部下部電子スコープ・電子カルテの導入など)があり、自院で殆どの検査が可能です。
3
胃腸・痔疾患が専門の医療機関であるが、最近大腸ファイバー症例が増え、痔手術症例が増えています。程度のひどい内外痔核は手術が必要で、多くの痔患者に朗報をもたらしています。大腸・痔でお困りの方は、一度当院受診をお勧めします。
理事長 金島新一
  • 一般病床 8床
  • 介護療養型医療施設 11床

詳しい内容はこちらをご覧ください
  • ケアハウス 50床
  • ショートステイ 20床
  • デイサービス 30名

詳しい内容はこちらをご覧ください
アクセスマップ マップ 医療法人金島胃腸外科